平成30年度 部長挨拶


平成30年度逗子市商工会青年部第52代部長に就任致しました石黒雄士と申します。

1年間どうぞよろしくお願い申し上げます。

逗子市池子で父が創業して51年目を迎えるガソリンスタンドを承継して7年前より経営しております。低燃費やハイブリッドによる燃料の需要減で斜陽産業とも言えるガソリンスタンド業界ではありますが、スタッフ全員で考えて実行しながら楽しく前向きに頑張っています。

青年部に入部して7年になりますが、先輩方からたくさんの事を教えて頂き、育てて頂きました。そして、たくさんの仲間ができて毎日楽しく青年部活動を続けることが出来ました。これからは先輩に教えて頂いた事を後輩にしっかりと伝えていきたいと考えています。

今年度のスローガンは『超楽しく。~Join The Act~』です。43名の部員全員が超楽しく青年部活動を行える様に、しっかりと深く話し合いながらいろいろな変革、仕組みを実行していきたいと思います。

 

今後とも我々青年部の活動に対しまして、ご理解ご協力の程よろしくお願い申し上げます。

平成29年度 部長挨拶


今年度、逗子市商工会青年部第51代部長を努めます長岡武史です。逗子市山の根で親が築き上げた創業60年になる「長岡酒店」を継承しております。逗子市商工会青年部は創部50周年という節目の今年度は、記念式典を盛大に執り行う予定です。世代交代は必ず訪れます。60周年、70周年……そして100周年目の次世代の青年部員のためにも50周年記念式典を足掛かりとして、全部員が勢力を上げて取り組みます。昨年度の市民まつりではキャリア教育の一環で中学生を対象に食材の仕入れから当日の設営・運営まで行ったTAKU`sキッチン。 らーめんwith久中と命名した『あきんど塾』。青年部員PR誌である記念冊子が完成致しましたので、今後青年部員事業所並びに市内の飲食店・病院・公共施設・公共機関などで配布します。この記念冊子が市民の皆様の衣食住のお手伝い並びに参考資料にもご活用頂ければ幸いです。今後共、永続的に市民の皆様と共存共栄を心掛けてまいります。1年間宜しくお願い致します。

 

 

 


平成28年度 部長挨拶


 

この度、平成28年度逗子商工会青年部第50代部長に就任致しました長野賢太郎と申します。1年間宜しくお願い致します。私が29の時に、先代である父が急逝し現在の事業所を引きぎました。その際、地元逗子の同年代の商工業者の方々との関わりが持てればと思い青年部に入部しました。が付けばあれから早8年、先輩方に育てて頂き、同輩後輩に助けられ支えられて、今日まで青年部活動をけてくることができました。さて、我々青年部は今年度創立50周年を迎えました。『挑』をスローガンにげ、39名の部員全員が自身の成長のため、そして我々商工業の発展のために積極的に新たなことに挑して参りますので、今後とも我々青年部の活動にしまして、ご理解ご協力のほど宜しくお願い申し上げます。

 

 

 

 


平成27年度 部長挨拶


 

 平成27年度 逗子市商工会青年部 第49代部長を努めさせて頂きます柳 勇次です。 歴代の諸先輩方が、長きにわたり築きあげた青年部が来年創部50周年という大きな節目を迎えようとしております。 これもひとえに歴代部長をはじめとする青年部OB諸先輩の献身的な努力と部員一人一人の活動意識の高さの賜物だと心から誇りに思っております。 今年度は50周年を迎えるにあたり、部員一人ひとりが積極果敢に何事にも取り組む姿勢と情熱を保持し、どのような道も切り開いていける行動力を身につけて行きたいと思います。 当然ながら失敗は誰にでもありますし、失敗を恐れていては成長することはできません。 勇気をもってチャレンジし、失敗から多くのことを学び、次への成功に繋ぐために問題の検証を十分に行い、よりよい魅力を感じさせる事業の実現を目指していきたいと思います。 今年度は青年部員が『一致団結』となり、事業所の繁栄や地域振興事業に精一杯精進して取り組んでいきますので、各関係
者の皆様には益々のご指導とご鞭撻を賜りますよう一年間よろしくお願い致します。


平成26年度 部長挨拶

 平成26年度逗子市商工会青年部第48代部長を務めさせて頂きます加藤志朗です。宜しくお願い致します。私が青年部に入部したのは約9年前です。その 頃の私は、みんな夜遅くまで会議をしたり、ボランティアみたいな活動を一生懸命やって何が楽しいのか不思議でした。そんな中なんとなく青年部活動に参加し ていた私でしたが、先輩方の話を聞いたり、いろいろな事業に参加していくと地域の発展、活性化がなくして我々商工業の発展は無いのものだと気づきました。 これからも逗子市の発展そして各事業所の発展、繁栄のために活動をしていきたいと思います。

 今年度はスローガンに『基礎』を掲げました。我々青年部は、創立50周年の事業に取り組もうとしています。先を見据えて進む前に、一度立ち止まって足元の確認をし、頑丈な基礎を作りより良い事業に繋げていきたいと思 います。また、日頃から我々の活動を支えてくれてる家族、従業員へ感謝の気持ちも忘れずに活動していきます。